買取実績

  • HOME
  • 買取コラム
  • 断捨離で捨てるのはもったいない!不用品を売るか処分するか迷ったときの解決法

断捨離で捨てるのはもったいない!不用品を売るか処分するか迷ったときの解決法

雑学・小ネタ

(更新日:2024年6月10日)

断捨離で捨てるのはもったいない!不用品を売るか処分するか迷ったときの解決法

断捨離を進める中で、使わなくなったものがたくさん見つかることがありますが、捨てるのはもったいないと感じることも多いでしょう。

特に、まだ使えるものや価値があるかもしれないものを処分するのは、気が引けるもの。そんな時に役立つのが、売れる価値があるものは廃棄せずに売却することです。

この記事では、断捨離で出てきた捨てるにはもったいない不用品を、売るべきか捨てるべきか迷った時に役立つ解決法を詳しく紹介します。

断捨離を阻む!もったいないという感情

「もったいない」という言葉は、日本語特有の感覚や価値観を表す言葉で、和製漢語です。元々「勿体」という言葉は「重々しい」「貴重な」という意味をもち、「勿体ない」はその貴重さを無駄にすることを意味します。

この言葉には物質的な価値だけでなく、精神的・感情的な要素も含まれています。人が「もったいない」と感じる背景には、その物にかけた時間、労力、費用が無駄になることへの不安や後悔、喪失感などがあります。

例えば、小学生の頃から大学まで集め続けた切手があると考えてみましょう。その切手には、購入にかかった金銭的な価値以上に、長い年月をかけて集めた思い出が詰まっています。遠出して手に入れた切手や、ネットオークションでやっと手に入れたレアな切手もあるかもしれません。

たとえその切手が金銭的には価値がなくなっていたとしても、集めた過程や思い出を考えると、捨てることは「もったいない」と感じてしまうのです。

物を捨てる際に、思い出や感情が邪魔をして断捨離が難しくなることはよくあります。このような心理的要素を理解することが、断捨離を進める上で重要なのです。

もったいないと思っても処分した方が良い不用品とは

もったいないと思っても処分した方が良い不用品とは

もったいないと思う気持ちは、誰しもが持っているものです。しかし、物が溢れかえった環境では、必要なものを見つけるのも一苦労。ここでは、そのようなもったいないという感情に左右されず、処分した方が良い不用品について紹介します。

使われていないもの

まったく使っていないものや、ここ一年以上使用していないもの、そして今後使う機会が見込めないものは、処分してももったいないとは言えません。

それらが占めているスペースを他の有益なものに使える可能性があるため、思い切って処分することをおすすめします。

壊れたものや劣化したもの

壊れてしまったものや劣化が進んで使えなくなったものは、処分を考えた方が良いでしょう。修理が難しかったり、高額な修理費用がかかるものは尚更手放すことをおすすめします。

たとえ修理可能だとしても、お金や時間をかけてまで直したいと思わない場合は、自分にとって必要のないものであると考えられます。

修理費用とその物の価値を比較し、費用が高く感じる場合は、その物への執着が薄れている証拠です。

重複しているもの

同じ機能を持つ物が複数ある場合、それらが本当に必要なのかを考えることが重要です。

例えば、同じ調理器具や家電が複数ある場合、実際に使っているのは一つだけかもしれません。保管スペースを有効に活用するためにも、重複している物は減らす努力をしましょう。

特定の用途で使い分けている場合を除き、同じ物を複数所有するのは無駄になりがちです。例えば、3つ持っている物を2つに減らすなど、少しずつでも物を減らす工夫をしてみてはいかがでしょうか。

感情的価値が低いもの

実際にその物を手にしてみて、思い入れが少なく、感情的な価値が低いものは処分してももったいないとはあまり言えません。

その物に特別な思いが湧かず、心に深く訴えない場合は、思い切って手放しましょう。

これらの物を手放すことで、心の負担を軽減し、より整理された生活空間を手に入れることができます。

断捨離で捨てるともったいない価値のある不用品とは

では次に、断捨離で捨てるともったいない価値のある不用品をご紹介します。

これらは、物品自体の価値だけでなく、物品が持つ歴史や背景、そして将来的な価値などを踏まえて、必要か不要かを判断していく必要があります。

高価なもの

人気があるブランド品や希少価値のあるアンティーク品、貴重なコレクション品などは、市場で高値で取引される可能性があります。そのため、捨てるともったいないと考えられます。

これらの品物は、捨てようと思ったときに、商品名やブランド名をネットやオークションサイトで検索すると、ある程度の価値が分かるものです。高値で売れそうであれば、ただちに捨てることは保留し、専門家に相談しましょう。

状態が良いもの

不用品の中で、ほとんど使用されていないか、新品同様の状態であるものは、一般的に価値が高くなります。

例えば、未開封の贈り物で受け取ったタオルや食器、数回しか使用していない衣類などは、捨てる前に再利用や販売を検討する価値があります。

購入した物であれば、元の箱や説明書、付属の袋などがあると、買取価格が高くなる場合があります。

需要があるもの

特定のコレクターアイテムやレアアイテム、または季節によって需要が高まる商品などは、捨ててしまうと高値で売れる機会を逃す可能性がありもったいないと言えます。

流行の商品や定番アイテムなど、一定の需要が見込まれる場合は、その需要に応じた価格で取引されることができ、商品の本来の価値が引き出されるでしょう。

感情的価値のあるもの

写真やアルバム、昔の服や形見などは、捨てることが難しいものです。

こういったものは、例えば、写真はスキャンしてデータで保存したり、ビデオはDVDにダビングしたりして物的な量を減らし、デジタル保存を行うと、スペースの有効活用と保管の両立がかないます。

断捨離で捨てるともったいないものを売れるものにするためには

断捨離で捨てるともったいないものを売れるものにするためには

断捨離を行う際、捨てると思っていた不用品には意外な価値が潜んでいることがあります。では、どのようにすれば捨てるともったいないものを売れるものにすることができるのでしょうか。

高価なアイテムの特定

断捨離を行う際に重要なのは、価値のあるアイテムを見極めることです。

所有している物の中で、貴金属やブランド品などの明らかに価値がある可能性があるものは、捨てずに保管しておくことが重要です。段ボールや押し入れなどに一時的に収納し、間違って捨ててしまわないように注意しましょう。

特に買取価格を高めるためには、商品をできるだけ新品に近い状態に保つ必要があります。そのため、箱や説明書などの付属品を捨ててしまわないように注意しましょう。これによって、捨てるともったいないものが売れる可能性が高まります。

売却するためのプロセスを踏む

商品を高く買い取ってもらうためには、適切なプロセスを踏むことが重要です。

まずは、価値が分かっている業者に査定を依頼しましょう。ブランド品の買取専門店やオンラインの買取サービスなど、査定を行う場所によって価格が異なることがあります。

近隣のリサイクルマートや買取ショップで手軽に査定を受けることもできますが、より高値で売りたい場合は、専門店に相談することがお勧めです。その際には、商品の状態や付属品の有無などを事前に整えておくと、スムーズな査定が期待できます。

需要の確認と市場調査

商品を売る際には、売りたいアイテムが市場でどのような需要があるかを確認し、売りたい金額についてある程度目安をつけることが重要です。

まずは、ネットやオークションサイトで同様の商品の販売価格や取引状況を調査しましょう。商品名や年式などのキーワードを使って検索することで、その市場での相場を把握することができます。

さらに、専門家や買取業者に相談することも有益です。専門家は市場動向に詳しく、適切な価格設定や売り方のアドバイスをしてくれるでしょう。

また、複数の買取業者から見積もりを取ることもおすすめします。複数社の見積もりを比較することで、より適切な価格を引き出すことができます。手間はかかりますが、最終的にはより良い取引ができる可能性が高まります。

鉄道グッズを断捨離するのはもったいない?判断に迷った場合

鉄道グッズを断捨離するのはもったいない?判断に迷った場合

ここまで、断捨離するともったいないもので、それらを高く売るための方法をご紹介して参りました。

では、断捨離しようと思っている物の中に鉄道グッズがある場合、どのようにすればもったいなくなるか(商品の価値を利用できるか)をご説明します。

捨てて良いかを熟考する

鉄道模型や車両の部品、切符などの鉄道グッズには、思い入れのある品が多いはずです。

それらを購入した時の金銭的な価値よりも、集めたときのエピソードや思い出を踏まえて本当に手放してよいか考えることが大切です。

断捨離で一度捨ててしまったり、店やネットで販売してしまうと二度と手に戻ってくる可能性は低いため、慎重に考えて断捨離を進めましょう。

少しでも価値があるものは売れる

断捨離で捨ててしまう鉄道グッズの中で、ネットオークションやフリマサイトなどで1,000円以上の入札が入るような物は捨てずに売った方が良いと思われます。

鉄道グッズは意外に価値が有るものが多く、思った以上の価格が付くケースも少なくありません。鉄道グッズを処分する手間や費用を踏まえると、少しでも値が付きそうなものは思い切って、オークションやフリマサイトに掲載してみるのも手です。

さまざまなオークションやフリマサイトに登録して気長に待つことで、高額でも欲しいという人が現れる可能性もあるため、価値のありそうなものは長期戦を覚悟して手放すと決めてもいいかもしれません。

専門業者に買取を任せる

断捨離で捨てようと思った鉄道グッズをもったいないと迷ったり、またはすぐに片づけたい、すぐに現金化したいと思った場合は、まずは専門知識が豊富な買取業者に相談することをおすすめします。

一般的な買取業者に依頼すると、鉄道グッズの希少性や価値を正しく評価してもらえない可能性があり、見積額が低くなる恐れも。

たとえもう必要なくても、苦労してコレクションした鉄道グッズには思い出やプロセスに価値があります。そのため、専門業者に依頼して、捨てるか買取に出すかの判断を仰ぐことが重要です。

また、鉄道グッズの付属品(箱や説明書、袋、証明書など)もあると買取金額がUPする可能性があるので、それらも含めて見積依頼をすると良いでしょう。

出張買取は「鉄道本舗」にお任せください!

今回は断捨離で捨てるともったいないと思うもので、売れる不用品か処分するか迷ったときの解決法をご紹介して参りました。

好きで集めたものを捨てるということは、もったいないという気持ちと集めたときの感情や思い出が邪魔してなかなか実践しにくいと言えます。

しかし、その中で、鉄道グッズがあった場合は、まずは弊社鉄道本舗にご相談ください!お客様が集めたコレクション品を、きっとご満足いく内容でお見積もりさせていただきます。

また、市場価値の方もアドバイスさせていただいておりますので、断捨離の参考にもなると思います。

鉄道本舗では、鉄道グッズ専門店ならではの高価買取で、「丁寧な査定」「親切なサービス」をモットーに、お客様に満足していただけるように買取サービスの対応をさせていただきます。

社長の石川自らが広告塔となり、自身の趣味である鉄道好きが高じて始めた事業であるため、社長の鉄道への愛情が満載の企業です。

また、「これって売れる?」と現地で相談しながらの買取ができるため、お客様との間に安心感と信頼関係が芽生えるのも弊社の魅力の一つ。多くのお客様に定評をいただいております。

<鉄道本舗の特徴>

  • 全国どこへでも出張買取に対応
  • 鉄道模型、部品、資料の高価買取
  • 遺品整理、残留品にも対応
  • 鉄道愛溢れるスタッフ

鉄道本舗では、買取時に鉄道トークを交えつつ楽しく「売るもの・残すもの」が決められます。お客様が大切にしてきたものだからこそ、一緒に慎重に考えていきましょう。

そして、大切な鉄道グッズを真心を込めて親切丁寧に高価買取させていただきます。どんなお問い合わせでも、ぜひお気軽にご相談ください!

硬券のサイズの違いは?A型からD型までの特徴や使い分けについて
2024.07.05
雑学・小ネタ
硬券の作り方とは|製作工程と歴史やデザインの変遷からみる硬券の魅力

硬券(こうけん)は、鉄道ファンやコレクターの間で高い人気を誇る、厚紙で作られた切符です。その独特のデザインと歴史的価値は多くの人々を魅了しています。 この記事では、硬券の作り方やその製作工程や使用される素材について解説し […]

硬券のサイズの違いは?A型からD型までの特徴や使い分けについて
2024.07.03
雑学・小ネタ
硬券のサイズの違いは?A型からD型までの特徴や使い分けについて

電車運賃の支払が交通系ICカードやスマートフォンのアプリなどにシフトチェンジしつつある今日では、厚紙でつくられた切符「硬券(こうけん)」の人気がコレクターの間で高まっています。 その硬券のサイズにはA型からD型まであり、 […]

硬券の読み方は?歴史や特徴、基礎知識を知ろう
2024.07.01
雑学・小ネタ
硬券の読み方は?歴史や特徴、基礎知識を知ろう

硬券とは「こうけん」という読み方で、厚みのある紙で作られた切符であり、その存在感や歴史には多くの人から興味が寄せられています。 この記事では、硬券の読み方から、その特徴や歴史などの基礎知識について解説します。硬券の買取の […]

断捨離の極意|いらないものの判断基準と上手な不用品の売却術
2024.06.11
雑学・小ネタ
断捨離の極意|いらないものの判断基準と上手な不用品の売却術

断捨離とは、ただ物を捨てるだけではなく、本当に必要なものといらないものを見極めるプロセスです。現代の生活は物で溢れかえりやすく、気が付けば家中にいらないものが増えていることも少なくありません。 そこでこの記事では、いらな […]

買取依頼・お問い合わせはこちらから

24時間受付お問い合わせフォーム 0120-64-1049 営業時間 9:30〜17:30