買取実績

  • HOME
  • 買取コラム
  • Nゲージの縮尺について基本をチェック!スケールを知って楽しむポイント

Nゲージの縮尺について基本をチェック!スケールを知って楽しむポイント

雑学・小ネタ

(更新日:2023年11月17日)

Nゲージの縮尺について基本をチェック!スケールを知って楽しむポイント

Nゲージは色や形などの車両のデザインが非常にリアルに再現された鉄道模型ですが、縮尺(スケール)はどのように作られているのでしょうか。

今回は、日本の在来線や新幹線の規格(レール幅や車体寸法や大きさなど)とともに、Nゲージの縮尺について解説します。

Nゲージの縮尺は?

Nゲージとは、鉄道模型のレール間隔が9mmかつ車両縮尺が1/150〜1/160の模型の総称で、日本で最も普及している鉄道模型規格です。

Nゲージの頭文字の「N」は、9mmのレール幅の「Nine」の頭文字が由来であり、全ての線路幅は9mmで統一されています。

車両本体は、実物の約1/150〜1/160の縮尺でつくられています。

具体的な数値で説明すると、JRでは、在来線の1車両の長さは20m、新幹線は25mであるため、その1/150~1/160をそれぞれ算出すると、

在来線=20000mm/150~160=125mm~133.33mm

新幹線=25000mm/150=156.25mm~166.66mm

という縮尺になり、手のひらサイズに納まる小さな模型になるのです。

参考として、欧米で主流であるHOゲージと呼ばれる鉄道模型の車両は約1/80の縮尺です。ヨーロッパやアメリカの標準軌幹線は、通勤車・長距離旅客列車ともに25~26.5m程度であるため、

25000mm~26000mm/80=312.5mm~325mm

となり、手のひらサイズに納まる日本の鉄道模型と比べて比較的大きなサイズ感となります。

昔は、HOゲージの方がNゲージよりスケールが大きいためディティールも精緻でしたが、今日ではNゲージの開発技術力も大幅に向上したため、両者比較し難い意匠となっています。

しかし、Nゲージの方がスケールが小さいため、どうしてもHOゲージと比べて機械部分や台車部分で簡略化しなければつくることができない箇所も存在します。

また、Zゲージと呼ばれる一番小さいスケールの鉄道模型も手のひらサイズに納まるものとして人気があります。車両の縮尺は1/220、軌間は6.5mmであり、Nゲージと比較しても非常にコンパクトな鉄道模型です。

前記したNゲージやHOゲージと同じレールで走行して遊ぶことはできませんが、車両デザインの再現性は高く、トランクレイアウト(トランクの中でもジオラマをつくって遊ぶことができる大きさという意味)も楽しめます。

Nゲージの縮尺|日本の鉄道のスケールは?

Nゲージの縮尺|日本の鉄道のスケールは?

では、日本の鉄道車両のスケールはどのようなものなのでしょうか?もう少し具体的な寸法を追っていきながら確認してみましょう。

日本の標準的な鉄道のレール幅は、1067mmであり、欧米のレール幅の1435mmと比較すると狭いため「狭軌」と呼ばれています。

このレール幅は、JRの在来線や東京メトロ(銀座線、丸ノ内線以外)、首都圏私鉄(東武・西武・小田急・東急など)や関西私鉄(南海・近鉄)、名鉄などで使用されています。

Nゲージのレール幅は9mmであり、実際の在来線の標準的なレール幅は1067mmであることから、レールの縮尺は9/1067≒1/118.55となります。車両縮尺は、1/150~1/160のため、Nゲージではレールと車両のスケールが異なることになります。

一方、新幹線のレール幅は1435mm(標準軌)であるため、レールの縮尺は9/1435≒1/160となり、車両スケールと合った規格と言えます。

Nゲージの縮尺に関する注意点

Nゲージの縮尺に関する注意点は大きく2つあります。

1つ目は、縮尺が同じでも異なるメーカーではレールを繋げられないという点です。

日本ではさまざまなメーカーが鉄道模型やレールを販売していますが、基本的には同じメーカーの同じレールを使用することになります。レールの縮尺が同じであったとしても、各メーカーのレールはジョイナーと呼ばれる接続機構が独自であるため、他メーカーのレールをつなぐことができません。

また、ユニジョイナーと呼ばれる特殊形状のフレキシブルジョイントを繋げても、レール間に隙間ができてしまうためおすすめできません。

そのため、どのメーカーのレールにするか一番最初に決める必要があります。

2つ目は、鉄道模型のNゲージにおいては、在来線も新幹線も同じレール幅(9mm)で走行できるという点です。

実際は、軌間が異なるため在来線と新幹線の線路は異なりますが、Nゲージの世界では同じであるため、同一レールを走行させることになります。

そのため、自身で作成したジオラマで在来線と新幹線を同時に走らせる場合は、在来線とレールの縮尺は異なりますが、新幹線とレールの縮尺は合っているため、1/150スケールの人を置いたとき、在来線の車両が大きく見えてしまいます。

写真などを撮影する場合は、在来線と新幹線と人が同時に映るアングルは、違和感(スケールアウト)が生じるため避けることをおすすめします。

Nゲージの縮尺|ストラクチャーの大きさにも注目

Nゲージの縮尺|ストラクチャーの大きさにも注目

Nゲージの線路や車両だけではなく、道床やトンネル、山、川、建物、樹木、電柱などのストラクチャーの大きさやリアルさにも注目してみましょう。

既製品は色が既に塗られており、線路とストラクチャーを組み合わせることですぐにオリジナルのジオラマを制作することができます。

そのため、初めてNゲージに取り組む場合は、ジオラマセットを購入する方がより早く車両の走行を楽しむことができます。

Nゲージの取り扱いに慣れてきたら、フレキシブルレールでオリジナルなジオラマを作ることで、自身の好きな車両で思いのままに走行させることができます。しかし、自身でジオラマをつくる場合は、縮尺に気を付けることがポイントです。

車両がリアルであるため、線路に近い建築物や樹木などのスケールがあまりにも異なりすぎると違和感が生じてしまいます。日本の多くのNゲージのメーカーでも1/150のストラクチャーは販売されているので、Nゲージにあわせて適切な縮尺でできた大きさのストラクチャーを選ぶようにしましょう。

Nゲージの査定なら「鉄道本舗」にお任せください!

今回は、Nゲージの縮尺についてお伝えしました。

車両本体の縮尺が1/150という小さなスケールで、非常に細かいディティールまで再現できていることから多くのファンから人気があるNゲージ。

今日では、はやぶさやドクターイエローなどの新しいデザインの新幹線やローカルの在来線なども人気があり、Nゲージの人気が高まっています。

ぜひ、さまざまな車両でNゲージの世界観をお楽しみください。

鉄道本舗では、鉄道グッズ専門店ならではの高価買取で、「丁寧な査定」「親切なサービス」をモットーに、お客様に満足していただけるように買取サービスの対応をさせていただきます。

社長の石川自らが広告塔となり、自身の趣味である鉄道好きが高じて始めた事業であるため、社長の鉄道への愛情が満載の企業です。

また、「これって売れる?」と現地で相談しながらの買取ができるため、お客様との間に安心感と信頼関係が芽生えるのも弊社の魅力の一つ。多くのお客様に定評をいただいております。

<鉄道本舗の特徴>

  • 全国どこへでも出張買取に対応
  • 鉄道模型、部品、資料の高価買取
  • 遺品整理、残留品にも対応
  • 鉄道愛溢れるスタッフ

鉄道本舗では、買取時に鉄道トークを交えつつ楽しく「売るもの・残すもの」が決められます。お客様が大切にしてきたものだからこそ、一緒に慎重に考えていきましょう。

そして、大切な鉄道グッズを真心を込めて親切丁寧に高価買取させていただきます。どんなお問い合わせでも、ぜひお気軽にご相談ください!

ジオラマの線路を見栄え良くするコツ!買取にはどう影響する?
2024.01.17
雑学・小ネタ
ジオラマの線路を見栄え良くするコツ!買取にはどう影響する?  

鉄道模型やストラクチャー模型をつかったジオラマですが、線路の見栄えをよりよくするコツにはどのようなものがあるのでしょうか。 今回は、ジオラマの線路の作り方をステップを追ってご説明しながら、ジオラマの線路をよりリアルに見せ […]

宅配買取と出張買取の違いは?特徴の比較から探る選び方のポイント
2024.01.14
雑学・小ネタ
宅配買取と出張買取の違いは?特徴の比較から探る選び方のポイント

鉄道模型や鉄道グッズを売りたいときに、商品を店舗に送付する「宅配買取」と商品を査定に保管場所までスタッフが来てくれる「出張買取」ですが、両者の違いはどのような点にあるのでしょうか。 今回は、宅配買取と出張買取のメリットや […]

HOゲージの買取相場は?売却時に注意することなど
2024.01.10
雑学・小ネタ
HOゲージの買取相場は?売却時に注意することなど

スケールが大きく迫力ある鉄道模型の一つとして人気があるHOゲージですが、市場での買取相場はどれくらいなのでしょうか。 今回は、HOゲージの買取相場の特徴について事例をあげながらご紹介します。また、HOゲージ売却時に注意す […]

HOゲージを始める際に必要なものは?初心者でも簡単にスタート
2024.01.07
雑学・小ネタ
HOゲージを始める際に必要なものは?初心者でも簡単にスタート

HOゲージはNゲージとともに人気がある鉄道模型の一つですが、車両の走行やジオラマの制作を始めるために必要なものはどのようなものなのでしょうか? 今回は、HOゲージの基礎知識や特徴などを踏まえながら、HOゲージを始めるにあ […]

買取依頼・お問い合わせはこちらから

24時間受付お問い合わせフォーム 0120-64-1049 営業時間 9:30〜18:00 / 年中無休